スポーツ疲労回復ドリンク

疲れやすい体質改善サプリメント

一口に「疲れ」といっても症状は様々ですよね。

 

自分では、疲れと自覚できないものもあります。

 

あてはまるものはありませんか???

 

下の項目をチェックしてみましょう。

 

□ 作業能率が低下したと感じる

 

□ 集中力が続かない時がおおい

 

□ なんとなく、落ち着きがない

 

□ いらいらすることが多くなった

 

□ ミスをすることが多くなった

 

□ 記憶力が低下したと感じる

 

□ 意欲がわかない

 

□ 夜つきが悪かったり、朝早く目が覚めたりする

 

□ ぐっすり眠れない日がおおい

 

□常に、からだの調子が悪い

 

□からだが重いと感じる

 

いかがでしたか?

 

 

 

5個以上あるようでしたら、ここから先を読んで、疲れやすい体質改善サプリメント=ドリンクと酵母を利用してみましょう〜。

 

 

疲労の原因は活性酸素と自律神経の乱れにあります。

 

イミダペプチドを摂取するとβアラニンとヒスチジンというアミノ酸に一旦、分解されて血中を駆け巡ります。

 

そこで動物の最も酷使する部位に豊富に存在するイミダペプチド合成酵素によって、イミダペプチド成分に再合成されます。

 

人間でいうと、それが脳にあたります。

 

結果、脳や骨格筋の部分で抗酸化作用を発揮し、疲労軽減効果が期待されます。

 

一方、ポリフェノールやコエンザイムQ10などの抗酸化物質は摂取すると満遍なくカラダにいきわたり、本当に必要な脳や骨格筋の部分への到達は少量になってしまいます。

 

この点がそれらよりイミダペプチドが必要とされるところで抗酸化力を強く発揮する違いです。抗疲労プロジェクトで23種類の抗疲労候補成分を全て同じヒトによる臨床試験を行った比較の結果、わかったようです。

 

クエン酸は抗酸化力ではなくATPを産生するTCA回路の回転を促進する効果があります。

 

こちらも疲労軽減には効果的ですが、比較すると原因物質である活性酸素を除去するほうが、疲労軽減効果が高いようです。

 

ビタミンCは単体では効果はなく、イミダペプチドと摂取すると、疲労軽減スピードが速くなると最近の研究でわかったようです。

 

鶏胸肉でしたら1週間くらいは連続して食べる必要があります。イミダペプチドは水溶性のため料理の仕方によっては、かなり抜け出てしまいます。

 

生肉50gだったら良いみたいですけど、料理するとなると100g以上でしょうね。

 

よく悪くも早く吸収されて、早く代謝されます。そのため連続摂取の1週間が効果的のようです。

 

論文なんかでも、そのようなDATAが証明されてます。

 

 

休めない貴方へ・・・雑誌、TVなどメディアに多数掲載!鶏胸肉から高濃度抽出。
抗疲労プロジェクトから堂々誕生!


 

 

 

 

 

 

もうひとつの疲れやすい体質改善サプリメントは、酵母です。

 

生きて届く酵母で疲れやすい体質を腸から改善しよう〜♪

 

 

 

 

 

 

関連ページ

疲労回復ドリンク レシピ
カメヤマ酵母・亀山酵母で疲労回復できる。
疲労回復エナジードリンク
カメヤマ酵母・亀山酵母で疲労回復できる。
年末のお疲れさま会でも疲れを回復できる
カメヤマ酵母・亀山酵母で疲労回復できる。
疲れやすい体質改善運動
カメヤマ酵母・亀山酵母で疲労回復できる。